« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月30日 (日)

マクロの世界

Img_1921

Img_1931

Img_1953

タムロン SP AF90mmF/2.8 Di MACRO1:1 を買いました。
前から狙っていたマクロレンズ、さっそくファインダーを覗いてみると・・・
わぉ~!って感じの超どアップの世界が広がっているではありませんか!
こういう写真が撮りたかったんだなぁ~、私。

でも課題はマクロの命であるピント。
マニュアル(手動)でピントを合わせているのですが、
最初は手振れでボケボケ~ (>_<)
夫から三脚を譲り受け、レリーズというリモートスイッチを買い、
それでもまだまだ若干甘めのピントなのですが・・・
ま、これから練習、練習!


|

2006年7月27日 (木)

サプリで夏を乗り切ろう!

Img_1695

九州が梅雨明けしたそうです。
これからいよいよ夏本番が始まりますね~。
いきなりこの暑さ、もうたまりません~(>_<)って感じ。

夏バテを防ぐには、快眠快食、それはわかっているのですが
我が家ではそれにプラスしてサプリを摂っています。
雑貨屋さんで、ちょうどピッタリの木箱があったので
そこにいろいろ入れているのですが・・・
ビタミンB類、ビタミンC、カルシウム、
目の疲労にブルーベーリー、若々しさを保つコラーゲンなど。
特に夏バテにはビタミンBがよろしいようで・・・。
飲み始めて1年、なんとなく効果があるような気がします。
サプリはあくまでも補助、食事から栄養を摂るのが一番理想的でしょうね。
夏といえば我が家ではゴーヤチャンプル、豚肉をいれるとビタミンBも摂取できます。
先日我が家で取れたゴーヤもおいしかったです~♪
ただ、あれ以来ひとつも雌花が咲かず、実がならないうちに
水切れしてしまったのか、黄色くなって枯れてしまいました。(T_T)
ゴーヤ栽培もなかなか難しいものがありそうです。

他に夏バテ防止法があれば教えてくださいませ。
これからしばらく続くこの暑さ、なんとかして乗り越えましょ~!

|

2006年7月25日 (火)

7月の六甲高山植物園

Img_1822
六甲高山植物園は今ニッコウキスゲが満開です。
この日の気温は32度、蒸しかえるような暑さでしたが、
この植物園は標高800mのところにあるので、

下界より5度ほど気温が低くてとても涼しかった~。
少し霧がかかっていて、高原の雰囲気をたっぷり味わうことができました。

今咲いている夏の花です。
Img_1825
          ニッコウキスゲ

Img_1840
           ツリフネソウ

      Img_1833
             カライトソウ

これからの夏場は、涼を求めて六甲山にはたくさんの観光客が訪れます。
神戸市内から車で30分ほどで来れるので、デートコースとしても有名。
山頂から見る街の夜景はとてもロマンチックなんですよ。
小さい頃、親に連れられて来た私が、夜景を見て、
「お星さまがいっぱいあるよ~!」って言ったとか。
そんなかわゆい頃が私にもあったのですね。

Img_1835
これは何ていう名前のトンボでしょうか。
ブルーでとてもきれいでしょ。
思わずシャッターを切ったのですが、うまく収まってくれました。
最近昆虫とやたら縁がある私です。

|

2006年7月22日 (土)

ひまわり畑

Img_2014

Img_2003

Img_1994 Img_2027

Img_1999

夏休みが始まりましたね。
夏と言えばやはりひまわり!!
ということで、
小野市のひまわりの丘公園に行ってきました。
一面に広がるひまわり畑を見ると、
ソフィア・ローレン主演の映画「ひまわり」を思い出す私。
思わず主題歌なんかも口ずさんでしまったり。
若い方には、???かも知れませんが、泣けるいい映画なんですよ~。

娘の夏休みの宿題で、一本のひまわりからいくつの種ができるか
という自由研究をしたことがあります。
成長日記をつけ、最後にひまわりの種を数える・・・
それがけっこうありましてね~、気が遠くなるような作業でした。
でもそれも遠い夏の日のいい思い出です。

ひまわりの密を狙って、蜂や蝶もたくさん飛んできていました。
うまくアゲハチョウが撮れたのはラッキ~♪ (^_^)v
最後のひまわりはバックシャンでしょ。
うなじ(?)のあたりのうぶ毛がなんともセクシ~ (*^_^*)

ここのひまわりはほとんどが東向いていました。
南向きじゃないんですね~。
私なんか幼い頃には、太陽の動きに合わせて、
ひまわりがグルグル回るんだろうと思い込んでいましたから~。(笑)





|

2006年7月20日 (木)

水の妖精

Img_1845

Img_1858

Img_1862

先日の蓮の花は、善祥寺というお寺で撮りました。
住職さんが手塩にかけて育てた蓮、いろんな品種があってどれもきれいでした。

境内には蓮のほか睡蓮なども咲いています。
最初のブルーの睡蓮、こんな色初めて見ましたね~。
ブルーというか、紫というか、吸い込まれそうな美しさ。
睡蓮は学名を
 Nymphaea colorata というそうで、
Nymphaea は、「Nymph(妖精)」と語源の関連があるそうです。
まさに水の妖精と言えますね。

真ん中の白いモワモワッとした花は、「ががぶた」
花の様子も名前も、変わっているでしょう。
葉っぱが、鏡の蓋に似ていることから「鏡蓋(かがみぶた)」、
それが次第に「ががぶた」に変化してきたそうです。

最後のは、何でしょう。
たぶん外来種だと思うのですが、葉っぱにギャザーがかかってとても珍しい。
花は左端にちょこんとあります。
ここの住職さん、蓮だけではなく、かなりのコレクターのようですね。

蓮酒飲みたさに、こんなかわいいお客様も来ていました。
Img_1854
蛙はあまり好きじゃないのですが、このぐらいのアマガエルならまだ許せます。(^_^;)
蓮酒は、この写真で白く見える部分をくりぬいた蓮の葉にお酒を注ぎ、
長い茎を下から吸って飲むんだそうです。
毎年このお寺の「はすまつり」で振舞われるらしいので
来年はぜひ私も体験してみたいものだと思っています。
が、やはり車で行くと飲酒運転でつかまるのかなぁ~(笑)



    
                              
 

 

|

2006年7月18日 (火)

蓮の花

Img_1861

Img_1865

「ひ~らいた、ひ~らいた、蓮華の花がひ~らいた」
この蓮華とは、春に畑に咲くれんげではなく、蓮の花だとか。

蓮の根っこは言わずと知れた、蓮根。
年配の方の中には、れんこんと音読みせず、はすねと呼ぶ
人もいます。
私は蓮の花を初めて見たのですが、とても大きいのでびっくりしました。


Img_1867

つぼみも、人間のこぶしほどの大きさがあります。
開くときはポンと音がするそうですが、
早朝にしか聞けないこの音を聞いた人は極楽浄土に行けるそうです。
つまり、早起きは三文の得ってことなんでしょうか。

では、今日のおまけ。
Img_1877
蓮が咲き終わった後はこんな感じに。
花の優雅さとは一転して、ちょっとユニークな形です。
なぜか映画のETを連想してしまった私・・・。


|

2006年7月16日 (日)

但馬高原植物園その2

Img_1770
            オカトラノオ

Img_1756_1 Img_1803_2
    ベルガモット               ギボウシの花

Img_1813 Img_1818
                   アスチルベ

初夏の但馬高原植物園の様子です。
涼しげな白い花が多くて、蒸し暑さを忘れさせてくれます。
到着直前にバケツをひっくり返したような雨にあって、しばらく車の中で待機。
ここは「弁当忘れても傘忘れるな」といわれる地方であることを実感しました。
雷が鳴って、夕立のような雨が降ると梅雨が明けるとか。
もうそろそろ・・・なのでしょうか。

Img_1785
水辺には清楚なカラーの花も。
見ているだけで涼しげですね~。
ここはいつ来ても、鳥の鳴き声と水の音で癒されます。


Img_1820
これは本日のおまけ。
なんという種類のキノコなのでしょうか。
園内のあちこちにニョキニョキ生えていました。
パッと見、美味しそうなのですが・・・
毒キノコだったら大変、見て楽しむだけにしておきましょう。

        

|

2006年7月13日 (木)

アガパンサス

Img_1734

Img_1737
                     アガパンサス

Img_1745
            ヘメロカリス

Img_1747
            竜のひげ

毎日ムシムシと暑いですね~。
エアコンが切れて、寝苦しくて目が覚めてしまう季節になってきました。
今朝起きると夫はベッドの上で180度回転した状態、
つまり枕には足をのっけて寝ていました。
夜中、暑さのあまりのたうち回っていたのかなぁ~、お気の毒に・・・。

今真っ盛りの花が、アガパンサスとヘメロカリスです。
アガパンサスのブルーは夏の暑さを吹き飛ばしてくれそうな清涼感があります。
小さな株をいただいたのですが、それが今では立派に育って
毎年10個ぐらい花が咲きます。
ヘメロカリスは昨日のコメントで教えていただいたのですが、
別名デイリリーと呼ばれるそうです。
そういえば一日で咲いて散ってしまうので切花向きではありませんね。

庭の草引きをしていて、竜のひげに花が咲いているのを発見!
花は初めて見ましたが、毎年咲いていたのかしら・・・
そもそも竜のひげがあまり目立たない上に、
この花はとても小さくて地味なので、今まで全然気づきませんでした。
みんな精一杯生きているんですね。



|

2006年7月10日 (月)

本物そっくり

Img_1699

これは「あまご」という魚のカービングです。
カービングとはナイフで木を削って作ったもののこと。
知人にその道の達人がいまして、うちにもひとつ、お願いしていたのです。

材料が木であるなんて思えないような質感と、形でしょ~。
たまたま流木があったので台座にしました。
これ、持ってみるとまさにお魚そのもの。
微妙なうろこの色も生々しくて、水に入れると今にも泳ぎだしそう。
作った人が無類の釣り好きだというからうなずけます。

魚釣りは一度だけ経験があるのですが
釣るのはいいけど、釣り上げた後、針を抜くことができず大騒ぎ。
あのヌメヌメした感触はとても苦手です~。
魚を料理するときも、気持ち悪ぅ~と引きながらやってます。
でも背の青いお魚は体にいいのですよね。
今日の夕飯は炊き込みご飯と丸あじ。
また悪戦苦闘の私だわ~。(^_^;)





|

2006年7月 8日 (土)

ベジタブルガーデン

Img_1727

Img_1726

Img_1729

Img_1664

収穫が待ち遠しい~。
最初のはキュウリ?・・・いえいえ、ゴーヤです。
今年初めて植えてみました。
私の予想ではゴーヤが鈴なりに・・・
でも実際はこの実ひとつしかなっていません。
ゴーヤの花には雄花と雌花があるのですが、何故か咲くのは雄花ばかり。
実になる雌花がひとつついたっきりです。
でもいいや、早く大きくなぁれ!
夏バテ防止のため、我が家ではよくチャンプルにして食べるんですよ。
独特の苦さがまたなんとも美味しい~♪

ミニトマトも次々赤く熟してきました。
売っているのに比べるとちょっと皮が固めですが、とても甘い~。
毎日4,5個の新鮮なミニトマトが採れるのでけっこう重宝しています。

若さを保つ秘訣は、野菜をしっかり摂ることだとか。
緑黄色野菜と淡色野菜をバランスよく食べるといいそうです。
ゴーヤもミニトマトもプランターで育てています。
それぞれ黄色い花も咲いてとてもかわいいでしょ。

広い畑がなくても、十分ベジタブルガーデンは楽しめますよ!



|

2006年7月 6日 (木)

航海への憧れ

Img_1689

   Img_1691

ここは前にご紹介したブルーの船のキルトが掛かっているところで、
航海をイメージして集めた雑貨を並べています。

大きな舵はお祭りの出店で見つけて買ってきました。(重かった~!)
アンティーク調の地球儀は、母からのプレゼントです。
蓋が開くようになっていて、本来はワインを入れておくらしいのですが
我が家ではお客様用のスリッパが入っています。(笑)

一番のお気に入りが、下の写真の旅行かばんで、
これは骨董市で見つけてきました。
どこのどんな人がこのかばんを持って旅行していたんだろう。
山高帽にステッキ、髭を生やした立派な紳士かな。
それともレースのついたワンピースを着たどこかの令嬢かしら。
骨董品を見るとき、こういう空想が次から次へと・・・。
さび付いた古めかしいランプもなかなかいいでしょ~。

今年の夏は景気を反映して、去年より多くの人が海外旅行に出かけるとか。
なんともうらやましい限りですね~。
うちには縁のない話です。
いつか、お金と時間に余裕ができたら、豪華客船で世界一周・・・
なんて憧れを抱きつつ、今日もまたがんばりましょう!

|

2006年7月 4日 (火)

ラベンダーの香り

Img_1674
ラベンダーが満開です。
これはイングリッシュラベンダー。
いろいろな種類がありますが、その中でも一番好きな品種です。
道行く人にもさわやかな色と香りを楽しんでもらえたらいいな。
いくらかはドライにして家の中にぶら下げておきます。
一年たってもけっこういい香りがしますよ。

Img_1671
ラベンダーのそばにはカワラナデシコも咲いていました。
これ、ここに植えた記憶はないんだけど・・・
どこからか種が飛んできたかな。
もしかしたら誰かが種をまいてくれたのかしら・・・なんて思ってます。
世の中、人の家の花を泥棒するような不心得者もいるかと思えば
「いつも拝見させていただいています。
うちの庭にあるつまらない花ですが
どこか片隅に植えていただければ幸いです。」
なんてメモまで書いて苗を置いて帰ってくれる人もいました。
花を愛する気持ちは心を暖かくしてくれますね。

今日は梅雨の晴れ間になりました。
朝出勤前にあまりにきれいな空だったので撮ったものです。
この時期に雲ひとつない青空は珍しいですよね~。


Cimg1542

|

2006年7月 2日 (日)

半夏生

Img_1683

7月2日は暦の上では、夏至から数えて11日目の半夏生(はんげしょう)。
そしてこの花は我が家の庭のハンゲショウです。

この時期に花穂の受粉で虫を引き寄せるため、葉の一部が白くなります。
そして花期が終わると葉はまた緑色に戻ります。
これって、女性がお化粧するのとなんだか似ていますね。(笑)
だからこの花の名前を「半化粧」と書くこともあるとか。

もともと湿地植物のため、その数はどんどん減ってきていて
今では県のレッドデータCランクの希少植物とされているそうです。
我が家のは園芸種として改良されたものだと思いますが
放っておいても毎年この時期にはあちこちから生えてきて
蒸し暑い庭に白い葉が清涼感を演出してくれています。

ハンゲショウはドクダミ科。
こんなドクダミもうちの庭には自生しています。
   ↓
Img_1442

ドクダミって名前はちょっと怖い感じですが
この斑入りの葉っぱはきれいでしょ。
白い花もけっこう愛らしいのです。

梅雨も半ば、7月に入ってますます蒸し暑くなってきました。
あちこちでは早くもサマーバーゲンの呼び声が・・・
私もさっそく、昨日夫をお供に三ノ宮にお買い物~♪
スカートとサマーセーターと、サンダルをGET!
荷物持ちのだんな様、お疲れさまでした~。m(__)m


|

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »