« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月29日 (火)

8月の六甲高山植物園

Img_2515   Img_2529
         サギソウ                     ヒゴタイ

Img_2569  Img_2570
       ヤマルリトラノオ                 ツリガネニンジン       

Img_2478
                キレンゲショウマ

Img_2517
                  フジアザミ

Img_2434
                フシグロセンノウ

Img_2587   
                 ツリフネソウ
    

少し秋の気配さえ感じる六甲高山植物園に行ってきました。
今回のお目当ては『サギソウ』。
まるで白鷺が舞うような姿は、何か神々しささえ感じます。
あまり近くに寄れなかったので、これが私のカメラでは精一杯のクローズアップなのですが
翼のように見える花びらの切れ込みは、しっかりとらえることができました。
なんとも清楚で、可憐で、いつまで見ていても見飽きません。

『ヒゴダイ』は今では絶滅危惧品種に指定されているそうです。
かつてはどこにでも見られたそうですが、今は九州で稀に見かけるだけだとか。

うちの庭にも咲いている『ルリタマアザミ』と同じ品種ですね。

『キレンゲショウマ』は夏でも薄暗くて涼しいところに生える多年草です。
奥山で、ごくまれにしか見ることができない極めて珍しい植物だそうです。
林の中の薄暗いところに、レモンイエローの花が浮き出るように咲いていました。

最後の『ツリフネソウ』はとてもユニークな形の花です。
船というより、私には魚に見えて仕方ないんだけど・・・。
光沢のある花びらが、魚のヌメッとした感じに似ていませんか?

柳の下にドジョウは二匹いないと思いますが、
秋も写真コンテストの募集があるので、また出してみようかなぁ~。

|

2006年8月27日 (日)

やっと完成!

Cimg1564

4月6日のブログに、「今作っています。」ってアップした和風キルト、
ようやく出来上がりました~!\(^o^)/
・・・ってか、日にちかかり過ぎ~(>_<)
途中まったくやる気なくしてしまってずっと寝かせていました。
ま、こういうことは私にはよくあることです。

それで、こんな感じで和室の床の間に飾っています。
     ↓
Img_2616

今リビングにかかっているキルトもまだアップしてなかったですね。
    ↓
Cimg1565

これはログキャビンというパターンで、
真ん中が赤い色になっているのは、ログハウスの中の暖炉の火を表わすそうです。
そういえば、夫の長年の夢はログハウスに住むこと。
でもだんだんそれも叶わぬ夢になりつつありますねぇ。
現実は厳しい・・・。

ついでに夏の風景ミニキルトです。
これはキットを通販で毎月買っていた頃に作ったものです。
    ↓
Cimg1566

さて、次はどんなキルトを作ろうかなぁ~。

実はこうして考えているときが一番楽しいのですよ。
いろいろ本を引っ張り出してきてはあれでもない、これでもない・・・
次に完成作品をアップできるのはいつのことやら。




|

2006年8月24日 (木)

DROPS-2

Img_2345

Img_2357

先日の夕立のあと、さっそくカメラを持って庭へ。
アルケミラモリスの葉っぱにまるで真珠のネックレスのような水滴が並んでいました。
お~、これは絶好の被写体!
最近雨上がりには庭をうろうろする癖がついてしまった私です。(^_^;)

アルケミラモリスは春に黄色い花が咲きますが、なぜか今年は咲いてくれませんでした。
5月ごろの不順な気候が影響したのかなぁ。
半日陰でも大丈夫で、背丈はあまり高くなりません。
葉にギザギザが入って可愛い形でしょ。

この日は真昼なのに急に真っ暗になったかと思ったら、
雷が鳴り出して嵐のように土砂降り!

思わずカメラを持って2階の窓から稲妻を撮ろうと構えたのですが、
あちこちでピカピカ光る上、一瞬だからシャッターが間に合わない・・・。
しばらくねばっていたのですが、さすがに手がだるくなって諦めました。
カメラ持って窓に張り付いて、何やってるんだろうね~、私って。
で、怪しげな黒い雲の写真だけ撮れたので一応アップしておきます。
まるでSF映画を見ているような、ちょっと不気味な空でした。

Cimg1562

|

2006年8月22日 (火)

My Favorite

Img_2295  Img_2213
             宿根リナリア              ノゲイトウ

Img_2310  Img_2313
      ツボサンゴ                 ミソハギ

私はどうもこういう穂状の花が好きみたい。
園芸店に行っても、目に止まる花はこういう感じのが多いですね。
ノゲイトウ以外は宿根草。

小花が下から上へ次々咲いていくので長い間楽しむことができます。
宿根リナリアは春先から秋まで、ずっと咲き続けているし、
ミソハギはいくら抜いても地下茎を伸ばしてあちこちから出てきます。
どちらもとても強い品種のようですね。
これらはすべてマクロレンズで撮りました。
今回はあまりクローズアップにせず、花全体の雰囲気をそのままに。

今日は急に空が真っ暗になり、雷鳴とともに大粒の雨が降ってきました。
これで今日は水やりしなくて済んだ~、ラッキー!(^_^)v
ついでに軒下にある植木鉢も雨がかかるところに出してやりました。
これで少しは涼しくなるかなぁ~。




|

2006年8月20日 (日)

パイレーツ・オブ・カリビアン2

Potc2_group_800x600_1

やっと会えました、ジャック・スパロウ船長!
ヘロヘロの船長役をやっていても、やっぱりデップ様はかっこいい~(*^_^*)
昨日の夜は興奮状態でなかなか眠れませんでした・・・。
でも、ちょっと大人になったウィルもステキだった。
で、私はエリザベスになりたぁ~い!!
・・・なんていい年して何言ってるんだか。(^_^;)

ブログ友の、のほほんさんに教えてもらったとおり、
最後までずっと座って見続けたら、おまけがまた最高!
これから見る予定の方も、くれぐれも終わってもさっさと帰らないように。
ハラハラドキドキしたり、思いっきり笑ったりと、
前作より一段とパワーアップしてたので来年5月の3作目がますます期待大です!
でもしばらくタコは食べたくないなぁ~というのが率直な気持ちですね。
タコ顔(?)の幽霊船船長と、巨大タコがでてくるのがちょっと気持ちわりぃ~。

昨日は家族で見に行ったのですが、
娘にとってはこの夏最初で最後のお楽しみでした。
ずっと学校の補習と予備校通いで、息抜きの暇も無し。
一日ぐらい、いいよね・・・って連れて行ったのです。
今日はまた大学まで模擬試験を受けに行ってるし、
お父さんは仕事で休日出勤。
みなさん、ご苦労様です。m(__)m
カレー作って待ってるから、早く帰っておいで~!

|

2006年8月18日 (金)

星野道夫写真展

Hoshino_250_1

大丸梅田店で、星野道夫さんの写真展を見てきました。
カムチャッカ半島で野生動物を撮影中、
ヒグマに襲われて不慮の死をとげてから10年。
何度見ても彼の写真には心惹かれるものがあって、
亡くなってしまったこと、もう新しい写真を見ることができないことが悔やまれます。

学生時代に一枚の写真を古本屋で見たことがきっかけで
アラスカに行くために写真家になろうと思ったというぐらい、
アラスカを愛し、野生動物を愛した星野さんが
ファインダーを覗きながら何を思い、何を伝えたかったのか・・・
一枚、一枚の写真に引き込まれるように見入ってしまいました。
自然の厳しさ、動物の家族愛、自然保護の必要性など、
いろいろ教えられることがあります。


この写真展はこれから2年をかけて全国を回るそうです。
公式HPもありますので、興味を持たれた方はどうぞ。

星野道夫公式サイト

雄大な風景の写真を見た後は不思議と心も広くなってしまって
ついでに財布の紐も緩みっ放し。
ステキなバッグがあったので、二つも買ってしまい、
これまたステキな服があったので、これも買っちゃって・・・
私の一ヶ月のお給料が吹っ飛んでしまったよ~。
これって、デパートの思惑にまんまと乗ってしまったってわけね。(^_^;)
でもたまにはこういうふうに一日を過ごすのも、気分いいものです!

|

2006年8月16日 (水)

ポーチュラカ

Img_2143

Img_2161

ポーチュラカは、真夏の日差しの下でも、少々水やりをさぼっても元気です。
だからこの時期の花壇には欠かせない花。
しかも挿し木で簡単にどんどん増やせます。
私は6株買ってきて、その4倍の24株に増やしたもんね!

この愛すべきポーチュラカをマクロで撮ってみました。
おしべ、めしべにピントを合わせて・・・と。
暑い中、汗だくになりながらの撮影です。(^_^;)
たまたま通行人が誰もいなかったのでラッキーでしたが
ご近所にでもみつかったら、ちょい恥ずかしいです~。
ま、37度もある日中に外に出る私もチャレンジャーですけど。

Img_2233

これは「ジ・アレキサンドラ・ローズ」。
唯一、この真夏に花を咲かせているバラです。
マクロで見るとまた違った表情を見せてくれますね~。
まるでバレリーナのドレスみたいにふんわりと、いい感じ。

今朝、新聞の写真コンテストに夫の写真が入賞していました!
夫は私の師匠なのですが、弟子の私が先に受賞してしまって
「俺は無冠の帝王だ~」と自嘲気味でしたが
さすがにガッツポーズで気分良さそうでした。
私としても嬉しいです。
これでますます写真熱が高まりそう・・・。




|

2006年8月14日 (月)

カリン人形

Img_2405_1 Img_2401_1

     Img_2403_1

私の大好きなカリン人形です。

アメリカ製で、鋳型の中にどんぐりの皮を主材料としたものを流し込み作られます。
森に住む動物と妖精の物語が作品の一つ一つに添えられて、
カリン社社長よりサイン入り登録書が送られます。
独特の表情がとてもかわいいし、なんだか癒されるんですよね。
それぞれに作者のサインが掘り込まれ、10とか47という数字も刻まれています。
数を限定して作っているということが、この数字に表われているのでしょうね。

これらは何年か前の誕生日に、私がリクエストして夫に買ってもらったもの。
ウサギはとぼけた顔が飼っていたミニウサギのラッキーに似ているし、
ネズミは可愛いい私の娘のイメージ、
クマはまさに夫そのもの、特にお腹のあたりが・・・(笑)
あれ、私がいないなぁ~。
さしずめ、クマにもたれてお昼寝している小人さんってとこでしょうか。

お昼ごはんを食べてちょっと眠くなってきました。
クマさんは今日はお仕事でいませんが、
暑さしのぎにここらでちょっとお昼寝タイムにしようかな。

|

2006年8月12日 (土)

入賞!!

写真コンクールに入賞しました!!
ヤッター! \(^o^)/

このブログでも時々ご紹介した、六甲高山植物園の写真コンクール。
生まれて初めて応募して、それが入賞するなんて、

ビギナーズラックではあると思いますが、とても嬉しい~!
これをはげみにまたがんばっていい写真撮りたいと思います。

Img_10832

これはマイヅルソウという花です。
半日陰を好む花で、大きな木の下に群生していました。
色といい、形といい、なんとも可憐な花でしょ~。
そこで、写真の題名を「木陰の妖精」と付けました。
とてもお気に入りの写真だったのでブログにアップしたかったのですが
コンクールには未発表の写真というのが条件だったので
晴れて今日お披露目できることになりました。


写真は約一ヶ月間園内に展示されていて、私も先日見に行ってきました。
自分の作品と再会するのはちょっと照れくさいような妙な感覚。
あまり目立たない花なので、それを題材にしたこともよかったのかな。
記念品として、3回分の入場無料券が今日送られて来ました。

   
Photo_004_1 

うれしいなぁ~、これでまたいろいろ花の写真を撮りに行ける~♪
ますます写真に病み付きになりそな予感・・・
ブログにも今後も頻繁に六甲高山植物園の写真が登場すると思いますが
よろしくお付き合いくださいませ。m(__)m

さっそく来週あたり、行ってみようかな・・・(^_^)v





|

2006年8月10日 (木)

DROPS

Img_2319

Img_1944_1

マクロレンズを手に入れて以来、雨が降るとルンルン♪な私。
雨上がり、待ってましたとばかり、カメラを持って庭に出ます。
すっかり水滴の美しさに魅了されてしまった感じ。
ただ、天敵は蚊!
向こうも待ってましたとばかり、ブンブンと群がってきます。
長袖長ズボン、首にはタオル、そして蚊取り線香も必需品。
何もそこまでして写真撮らなくても・・・って思いますけどね~。(^_^;)

蚊が好きな血液型ってあるのでしょうか。
私はB型なのですが、思いっきり刺されます。
娘はAB型、ほとんど刺されないそうです。
なんでかなぁ~、若い血の方が美味しいと思うんだけど・・・。
それとも蚊は熟女好みなのでしょうか?(笑)
蚊はシトラス系の香りを嫌うとか。
先日買ったコロンで試してみようかしら?


|

2006年8月 8日 (火)

シトラスの香り

Img_2386

L' OCCITANE というお店で夏らしいコロンを見つけました。
シトラスとバーベナの香りで、夏限定商品です。
普段はここのローズのコロンを使っているのですが、
夏なのでちょっとすっきりさわやかな香りもいいかな。

で、よくカタログに載っているようなオシャレな感じで写真を撮ってみました。
これもいつものマクロレンズを使っています。
どアップだけではなく、こういう使い方もいいんじゃない?
なんて新しい発見。

明日から一泊で旅行に行ってきま~す!って書こうと思っていたのに、
台風7号のおかげで泣く泣くキャンセル・・・。(T_T)
行き先はまさに台風が向かおうとしている岐阜の馬籠・妻籠。
宿場町の写真を撮ろうと思っていたのにとても残念です~。
娘が学習合宿で4日間留守の間に、夫婦水入らずで旅行しようという計画が、
水が入るどころか、台風が入ってきてしまったってわけ。
日ごろの行いのせいでしょうか・・・「行くな」ってことなんでしょうね。
またいつかリベンジで行ける日が来ることを楽しみにしておきます。









|

2006年8月 5日 (土)

ひまわりのアップ

Img_2282

Img_2268

ひまわりをマクロで撮ってみました。
茎の繊毛一本一本がよくわかります。
やわらかそうに見えるけど、触るとけっこうチクチク痛いです。

Img_2304

これはへメロカリス。
三脚を使わず、フリーハンドでの練習をしたのですが
おしべにピントがうまく合ってなかなかいい感じに撮れました。

夏真っ盛り、毎日暑いですね~。
いよいよ明日から夏の高校野球が始まります。
甲子園では連日熱い試合が繰り広げられることでしょう。
私が高校生の時、原辰徳さんにキャーキャー言ってたのを思い出しますが、
今年はだれが人気の的になるのかな。
どうしてもビジュアル的に見てしまう、私もかなりミーハーです。(*^_^*)

|

2006年8月 3日 (木)

戦争ほうき

『戦争ほうき』ってご存知でしょうか。
戦争放棄の願いを込めて、ナガサキピースミュージアム(長崎市)の来館者に配られているというものです。

http://www.kobe-np.co.jp/kyodonews/culture/0000072412.shtml
    ↑

この新聞の記事を読んで、とても興味を持っていたのですが
やっと作り方がわかったので早速私も手作りしてみました。

8月は終戦記念日の月、二度と悲惨な戦争を起こさないように・・・と
平和への祈りを込めて作りました。

では、簡単に作り方を説明します。
【用意するもの】小枝、毛糸、はさみ、糸、リボン、木工ボンド 、セロテープ

Cimg1544
15cmに切った毛糸を横にして、毛糸を指に10回ほど巻きつける。

Cimg1545
指から毛糸をはずし、横にしておいた毛糸で輪の片方をしっかり結ぶ。
もう片方の輪は、ハサミで切る。

Cimg1546
枝を毛糸に乗せる。

Cimg1547
毛糸で枝をくるんで、糸でしっかりしばる。

Cimg1548
先をきれいにカットする。短めがかわいい。

Cimg1549
ほうきが取れないように、ボンドで接着しておくと丈夫になる。

Cimg1551
柄に、「戦争ほうき」と書いた紙を貼り付ける。

Cimg1550
リボンをつけて、できあがり~!
バックなどにつけると可愛いですよ。
私の娘も通学かばんにつけてくれました。
けっこう簡単に作れるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

イスラエルはレバノンへの空爆をまた再開しました。
世界のどこかで大切な命が簡単に失われていくことに深い悲しみを感じます。
このほうきで、世の中の争いをササッと掃いてしまうことができればいいのだけれど・・・。

|

2006年8月 1日 (火)

瑠璃色の花

Img_2063

Img_2132

るり玉あざみをマクロで撮ってみました。
ひとつひとつの花がとても小さいので、ピント合わせにも一苦労・・・。
宿根草で、毎年夏真っ盛りになると花を咲かせます。
背丈は50cmぐらい、けっこう背高のっぽさんです。
花火の大玉が上がったような雰囲気があるのでまさに夏の花ですね。

こう暑いとなかなか庭の手入れもやる気が起きず、
バラはみごとに黒点病だらけ。
しばらく花も咲かないからいいか・・・と勝手な言い訳でごまかしてます。(^_^;)
水遣りしようと庭に出ると、待ってましたと蚊が集まってくるのでやだなぁ~。
夏はガーデナーにとって酷な季節ですねぇ。






|

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »