« やっと完成! | トップページ | 絵本の思い出 »

2006年8月29日 (火)

8月の六甲高山植物園

Img_2515   Img_2529
         サギソウ                     ヒゴタイ

Img_2569  Img_2570
       ヤマルリトラノオ                 ツリガネニンジン       

Img_2478
                キレンゲショウマ

Img_2517
                  フジアザミ

Img_2434
                フシグロセンノウ

Img_2587   
                 ツリフネソウ
    

少し秋の気配さえ感じる六甲高山植物園に行ってきました。
今回のお目当ては『サギソウ』。
まるで白鷺が舞うような姿は、何か神々しささえ感じます。
あまり近くに寄れなかったので、これが私のカメラでは精一杯のクローズアップなのですが
翼のように見える花びらの切れ込みは、しっかりとらえることができました。
なんとも清楚で、可憐で、いつまで見ていても見飽きません。

『ヒゴダイ』は今では絶滅危惧品種に指定されているそうです。
かつてはどこにでも見られたそうですが、今は九州で稀に見かけるだけだとか。

うちの庭にも咲いている『ルリタマアザミ』と同じ品種ですね。

『キレンゲショウマ』は夏でも薄暗くて涼しいところに生える多年草です。
奥山で、ごくまれにしか見ることができない極めて珍しい植物だそうです。
林の中の薄暗いところに、レモンイエローの花が浮き出るように咲いていました。

最後の『ツリフネソウ』はとてもユニークな形の花です。
船というより、私には魚に見えて仕方ないんだけど・・・。
光沢のある花びらが、魚のヌメッとした感じに似ていませんか?

柳の下にドジョウは二匹いないと思いますが、
秋も写真コンテストの募集があるので、また出してみようかなぁ~。

|

« やっと完成! | トップページ | 絵本の思い出 »