« フラワーセンター温室編 | トップページ | むしゃむしゃ・・・ »

2006年9月14日 (木)

9月の庭

Img_2460
                    ガウラ

Img_2461
                  ブルースター

Img_2657
                ポテンティラベルナ

Img_2680
                アキレア・ザ・パール

暑くなったり、涼しくなったり・・・を繰り返しながら
少しずつ秋は深まっているようです。
夏の強い日差しから開放されて、花もホッとしているんじゃないかな。
枯れて茶色くなった葉っぱを取り除いたり、
暑さに負けておろそかになっていた草引きをしてやると
ジャングルのように荒れた我が家の庭も、ちょっとこぎれいになってきました。

庭に咲いている花をご紹介します。
どれも宿根草で、初夏から秋にかけて咲き続けています。
1~2センチぐらいの小花ばかり。

ガウラは別名、白蝶草(ハクチョウソウ)とも呼ばれています。
細長い茎の先に咲くので、少しの風にもゆらゆら・・・
その姿があたかも蝶が舞っているような優雅さがあります。
それゆえ、カメラマン泣かせ、動くのでなかなかピントが合いません。(T_T)

ポテンティラベルナはグランドカバーでどんどん広がっていきます。
耐寒性に強く、樹の根本や植え込みの隙間のカバーの他
ハンギングなどの素材にも向きます。
緑の絨毯の中に、小輪の黄色の花が点々と咲き続ける様子は
とてもかわいいですよ♪

だんだん日が短くなってきたので、以前のように仕事から帰って来た後、
庭を一周して(・・・って狭いのであっという間ですが・・・)
花にご挨拶ってわけにも行かず、
洗濯物を慌てて取り込んで夕飯の支度に追われる日々なのですが
その代わり、秋の夜長はゆったりと満喫できますね。
虫の鳴き声を聞きながら、
さて、次はどんなキルトを作ろうかなぁ~と思案中の私です。

|

« フラワーセンター温室編 | トップページ | むしゃむしゃ・・・ »