« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月28日 (木)

秋明菊

ブログを開設して、今日でまる9ヶ月、ここらでちょっとお色直ししようかな・・・
ってことで、テンプレートを変えてみました~。
ちょっとしっとりと大人の雰囲気になって、また新しい気持ちでスタートです。

Img_2963

Img_3021

Img_3028_1

庭に咲いている秋明菊です。
菊という名前がついていますが、菊科ではなく中国原産のキンポウゲ科で、
日本のものは古い時代に中国から渡来したという説が有力になっています。
京都市北部の貴船に多く見られることから貴船菊(キセンギク・キブネギク)の別名があります。

花びらのように見えるものは、がくが花弁状になったものだとか。
調べてみると、けっこうこういう花があるのですね。
マクロでどんどん寄ってみると、おしべの形が米粒みたいでとっても可愛い!
そこに夕日が当たって輝いていたので、ピントを合わせて撮りました。

秋明菊が咲きだすと、いよいよ秋が深まってきたんだな~と実感します。
これからしばらくの間、優しいピンク色が目を癒してくれそうです。

|

2006年9月26日 (火)

砥峰高原

Img_3132_2

Img_3143_2 

Img_3144_1

Img_3146_1

Img_3147_1

兵庫県神崎郡神河町の砥峰(とのみね)高原に行きました。
ここはススキの名所として知られています。
かつては茅葺き屋根の材料としてここのススキが刈り取られていたそうですが
最近ではその需要もなく、ススキの草原を放置しておくと雑木林に変わってしまうため、
地元の人々が毎年春に山焼きをして、新しい芽の育成を促し、
美しい草原の風景が保たれています。

時期的に少し早かったので、まだススキの穂が開いてなかったのが残念ですが
それでも日が西に傾くと緩やかな丘陵が白く輝き、パノラマで絶景を満喫できました。
特にこの日はお天気がよく、秋らしい筋雲が青い空に広がってとてもきれい~。

ススキといえば月見、今年の中秋の名月は10月6日だそうです。
秋も少しずつ深まってきましたね。

|

2006年9月24日 (日)

彼岸花

Img_3152 Img_3156

Img_3158

彼岸花があちこちで咲き出しました。
別名  「曼珠沙華」(まんじゅしゃげ)、 ”天上の花”という意味で、          
おめでたい事が起こる兆しに、赤い花が天から降ってくる
という仏教の経典によるとか。

田んぼのあぜ道や土手に多くみかけるのは、
野ネズミがあぜ道や土手に穴を開けるのを、
彼岸花の毒性のある球根を植えることで防ぐ、という説と、                                 
彼岸花の根茎は強いため、田んぼのあぜ部分に植えてあぜを強くするため
などの説があるそうです。
               

Img_3161

彼岸花は赤だけ?と思っていたら、初めて白い花を見ました。
色が違うと、花の雰囲気も少し違うような。
赤は『和』ですが、白は『洋』って感じでしょうか。

          
                                                

|

2006年9月21日 (木)

ゼフィランサス

Img_2980

Img_2987

Img_3007

ゼフィランサス(別名、タマスダレ)

レインリリーと呼ばれる所以は、雨の翌日にパッと花が咲くから?
それともその白さが湿った庭に鮮やかに映るから?

とっても太陽が好きで、お日様から隔離されるとシュンとなって
悲しげに花びらを閉じてしまいます。
どんなに明るい蛍光灯の光にも騙されません。
お日様に恋した花・・・私はそう呼んであげたいな。

|

2006年9月18日 (月)

庭の名脇役

Img_2683

Img_2686

Img_2685

Img_2688

ここんとこ花の写真ばかりだったので、今日は主役を支える名脇役のご紹介。
前にもちょこっと登場してもらいましたが、再度出てきてもらいました。

上から三つまでは「ワンダーデコール・イングリッシュコテージ」で購入したものです。
ふくろうは森の知恵袋、守り神と言われています。
庭の片隅からそっと私たちを見守ってくれているような・・・
お昼ね好きのパパベアーはあまりにも長い間寝っころがっているので
とうとうイワダレソウとアジュガの葉っぱのお布団が掛かってしまっています。
子どもを抱いたママベアはその隣でちょっぴり諦め顔・・・(笑)
四番目のウサギは、不思議の国のアリスに出てくるウサギによく似ているでしょ。
長野のバラクライングリッシュガーデンに行ったときに連れて帰ってきました。

Img_2689

"What is paradise, but a Garden"
シェークスピアの言葉をトールペイントで描いてみました。


Photo_065

ここは庭仕事に疲れたときにちょいと休憩するスペースとして夫が作ってくれました。
このベンチに座ってボケーッと庭を眺めるのが大好きです。
次は何を植えようかなぁ~なんて考えながら・・・。

|

2006年9月16日 (土)

むしゃむしゃ・・・

Img_2252

ぎょえ~!!\(◎o◎)/!
いきなり気色悪い写真でごめなさい・・・
しかもこんな写真に限ってピントばっちしで写ってるしぃ~

でもね、あまりにも規則正しく並んでいるし、
あまりにも美味しそうに召し上がってらっしゃるので、思わずシャッター押してしまいました~。
これはバラについた虫です。
何の幼虫なのかなぁ・・・いつもおびただしい数が卵からかえって
気がついたら葉っぱがすっかりなくなって寂しくなった枝だけ残されています。
そろそろ新芽が出てきて、小さいながらもつぼみもついて
バラ愛好家としては、またワクワクの季節なのですが
たまにはこういう歓迎できないお客様の訪問も。
やはり無農薬で育てるには、ときどき目をかけてやらないといけませんね。
でもそれがなかなか難しい・・・。

お口直しに、今咲いているバラ「アイスバーグ」と、宿根バーベナの写真を置いておきます。

Img_2861

Img_2699

せっかくの3連休なのに、こちらも招かれざる客、台風が近づいているため
お天気がイマイチでつまらないですね~。
これから九州地方に接近して、関西地方もあさってには影響が出そうです。
風でいろいろなものが吹き飛ばされないように片付けておかなきゃ。
そうそう、背が伸びたバラにも支柱もしっかりしておかないとね。

|

2006年9月14日 (木)

9月の庭

Img_2460
                    ガウラ

Img_2461
                  ブルースター

Img_2657
                ポテンティラベルナ

Img_2680
                アキレア・ザ・パール

暑くなったり、涼しくなったり・・・を繰り返しながら
少しずつ秋は深まっているようです。
夏の強い日差しから開放されて、花もホッとしているんじゃないかな。
枯れて茶色くなった葉っぱを取り除いたり、
暑さに負けておろそかになっていた草引きをしてやると
ジャングルのように荒れた我が家の庭も、ちょっとこぎれいになってきました。

庭に咲いている花をご紹介します。
どれも宿根草で、初夏から秋にかけて咲き続けています。
1~2センチぐらいの小花ばかり。

ガウラは別名、白蝶草(ハクチョウソウ)とも呼ばれています。
細長い茎の先に咲くので、少しの風にもゆらゆら・・・
その姿があたかも蝶が舞っているような優雅さがあります。
それゆえ、カメラマン泣かせ、動くのでなかなかピントが合いません。(T_T)

ポテンティラベルナはグランドカバーでどんどん広がっていきます。
耐寒性に強く、樹の根本や植え込みの隙間のカバーの他
ハンギングなどの素材にも向きます。
緑の絨毯の中に、小輪の黄色の花が点々と咲き続ける様子は
とてもかわいいですよ♪

だんだん日が短くなってきたので、以前のように仕事から帰って来た後、
庭を一周して(・・・って狭いのであっという間ですが・・・)
花にご挨拶ってわけにも行かず、
洗濯物を慌てて取り込んで夕飯の支度に追われる日々なのですが
その代わり、秋の夜長はゆったりと満喫できますね。
虫の鳴き声を聞きながら、
さて、次はどんなキルトを作ろうかなぁ~と思案中の私です。

|

2006年9月12日 (火)

フラワーセンター温室編

Img_2925
               ベゴニア

Img_2943_3
              ブーゲンビレア

Img_2936  Img_2938
                         ラン             

Img_2931  Img_2934
        源平カズラ                     アキメネス

Img_2937  Img_2948
  
      カラー                        コエビソウ

春にはこのフラワーセンターも大いににぎわいますが
さすがに夏休みも終わった9月は来園者も少なく、ちょっと閑散とした感じでした。
写真を撮るには、すいている方が都合いいのですが
がんばって咲いているお花がちょっと可愛そうかなぁ~とも思ったり。

温室には南国情緒たっぷりの花がたくさん咲いていたので、
このへんをもっとPRすれば来園者も増えるはずなんだけど・・・。
ま、私が経営者ではありませんから、大きなお世話かもしれませんね。

源平カズラの実物を見たのは初めてです。
赤と白の対比がとても鮮やかで、名前から察するところ、
源氏と平家
になぞらえて命名されたのでしょうね。
なんとも趣のあるいい名前です。

ピンクのカラー、まるで造花のような色彩でしょ~。
こんな色もあるのですね。
なんとなく、ちょっとセクシーな感じもしないではない・・・(*^_^*)

以前なら肩がこるのでカメラはできるだけ軽いのがいい!って言ってた私ですが
人間って勝手なもので、一眼をやり始めてからは重さはまったく気にならなくなりました。
この日も蒸し暑くて汗ダラダラになりながらも、
園内で4時間以上、うろうろと歩き回っていました。
もう少し涼しくなったらコスモスやバラが咲きだしそうです。
その時期にまた行ってみようかな・・・と思っています。

|

2006年9月10日 (日)

フラワーセンター

Img_2886

フラワーセンターに行ってきました。
春にはチューリップ満開のこの場所にはマリーゴールドが一面に咲いていて
普段よく見る花でも、こんな風に広々としたところに植えるとまたいいものです。
広角レンズでなるべく低い位置で構え、奥行きが出るように撮ってみました。

ここからはマクロレンズでの撮影です。

Img_2906
                   クレオメ

Img_2919

Img_2916
           アスクレピアス

クレオメは昔からよく見かけた花ですが、
最近園芸店でたくさん売られていますね。
ここにも赤・白・ピンク・紫の4色のクレオメが咲いていました。
花びらとしべがチョウの羽と触覚のように見えますよね。
そういえばたくさんのチョウがひらひらと遊びに来ていました。

2番目の花の名前がわからなくて~(>_<)
赤く色づいててるのは、花ではなくて葉だと思います。

アスクレピアスはここで初めて見た花です。
花の色も形もとてもユニークな花なので、切花としてもよく使われるそうです。

Img_2913

園内にはレストランもあって、ガラス張りのお店から花壇を見ながらお食事できます。
私が頼んだコロッケランチのサラダにトレニアがのっていました。
これは食べられるんだって!
食用の菊は有名ですが、トレニアは初めてです。
じゃ、庭のトレニアも食べられるのかなぁ~と思いきや、
お店の人いわく、これは食用に栽培されたものをわざわざ購入しているので
花壇の花を摘んでいるわけではないのですよ・・・とのこと。
それでお味の方は・・・
特に味はありませんでしたが甘い香りがほのかに口に広がりました。

次回は温室で撮った花の数々をご紹介しま~す♪

|

2006年9月 6日 (水)

羊の耳?

Img_2663
ん?、何だ??(@_@;)
ウサギの耳かな?

Img_2667
・・・じゃ、ないみたい・・・

Img_2668_1
ラムズ・イヤーの葉っぱでした~。
雨が降ったので、いつものようにカメラを持って雫を撮る練習してました。
暗いのでシャッタースピードが遅く、手振れ量産・・・(T_T)
でもまぐれで何枚かピントバッチシのものもあったので
下手な鉄砲も数打ちゃ当る!でしょうか。
ま、めげずに練習あるのみ。

Img_1445_2 
ラムズ・イヤーはまさに羊の耳のようなふわふわの手触りで
(っていうか、羊の耳は実際触ったことありませんけど。)
葉っぱにうっすらと毛が生えていて、とっても柔らかいのですよ~。
初夏にはこんな花も咲きます。
どちらかというと花より葉の方が鑑賞向きみたいですね。
私の場合、鑑賞するというより、触って和んでいるっていう感じかな。

ところで、今日は雨で肌寒いですね。
慌てて長袖を出して着ています。
でも、まだ9月初旬ですよ~、秋が深まるには少々早すぎやしません?
どうも最近の急激な気温の変化に体がついていかないですぅ。(^_^;)


|

2006年9月 3日 (日)

姫路城

Img_2731

国宝姫路城は1993年にわが国で初めて世界文化遺産に登録されました。
別名「白鷺城」と呼ばれる所以は、白漆喰の壁と屋根の柔らかな曲線にあるのでしょう。
改めてカメラのファインダーで覗いてみると、その壮大なスケールと優雅さに圧倒されます。
今まで何度も訪れた姫路城ですが、久しぶりに中に入ってみることにしました。

Img_2735  Img_2746

Img_2748  Img_2747

Img_2750

石段を登り、いの門、ろの門・・・たくさんの門をくぐって、やっと大天守にたどり着ました。
ここから天守閣に登ることもできるのですが
この日はとても暑くてもはやその元気もなかったので、次回のお楽しみということにしました。

Img_2765   Img_2782

この井戸は怪談「播州皿屋敷」で有名なお菊井戸。
果敢にも井戸を覗いてみたのですが・・・
とっても深くて暗くて湿気ていて、薄気味悪かった~。
で、お土産屋さんで皿せんべいなるものを見つけたので買ってきました。
ちなみにこのおせんべい、お話の内容に合わせて一箱に九枚だけ入っています。
「一枚、二枚・・・」最後の九枚目だけはあまり食べたくないですね~。
でもこのお菊さん、ちょっと悩ましげなポーズでなんとも色っぽいと思いません?


|

2006年9月 1日 (金)

絵本の思い出

Img_2779 
姫路市立美術館で絵本の原画展があったので見てきました。

Img_2703_1 Img_2705

Img_2711 Img_2715
この美術館は
明治時代の建物(旧陸軍の兵器庫、被服庫)を保存活用。
緑の芝生に囲まれた赤レンガの建物はとってもおしゃれ~。
遠くに見えるのが世界文化遺産の国宝姫路城です。

Img_2713
中はもちろん撮影禁止なのですが、ここだけはOKだったので撮ってきました。
「こどものとも」の表紙を年代順に並べてあるのですが
この年代に当てはまらない人はごめんなさい。m(__)m

原画展には、私の大好きな「ぐりとぐら」を始め、
かつて子どもに読み聞かせていた絵本がたくさんありました。
原画で見るとまた一段と色がきれいで、細かい描写までよくわかります。
私は林明子さんの絵がとても好きなので何冊か買ったのですが、
なかでも「こんとあき」は娘が一番好きな本でした。
何度も何度も読み聞かせていたあの頃のこと・・・懐かしい思い出です。

絵本を読ませながら、私の方が居眠りをしてしまったこともあるんですよ。
気がつくと私の背中にタオルケットを掛けてくれて、
当の本人は人形遊びに夢中。
「ママ、寝てたね~」って笑う我が子のいじらしさよ・・・
そんな思い出もよみがえってきて、
ちょっとうるうるしそうになるのを必死でこらえながら原画展を見ていた私でした。

この後、姫路城にも行ってきたので、次回写真をアップします。





|

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »